に投稿 コメントを残す

ロトランドで当選した時に賞金にかかる税金

ロトランドに違法性はなくとも、日本人プレイヤーが当選して巨額の賞金を獲得した場合に税金面を無視していると、所得隠しや脱税といった、賭博とは別の罪に問われてしまうことがあります。

ロトランドに限らず、オンラインカジノを利用するプレイヤーは税金に関する理解が足りていないことも多いので注意してください。

日本人プレイヤーがロトランドで当選した時に賞金にかかる税金について、詳しく解説をします。

【前提】宝くじだからロトランドの賞金も非課税という認識は間違い

ロトランドの税金について調べると、「ロトランドは宝くじ。宝くじの賞金は非課税なんだから、ロトランドの賞金も非課税だ」といった論調を目にすることがあります。しかしこの認識は大きな間違いです。

非課税になるのはあくまでも日本の法律(当せん金付証票法)が適用される宝くじに関してのみとなります。ロトランドでのベッティングは当然、国内に根拠法はありません。

一定の条件を満たした場合にはロトランドの賞金は課税対象となるため、申告及び納税を期限内に行う必要があります。

ロトランド側で支払う税金はなく賞金はそのまま出金できる

ロトランドで獲得した賞金についての税金

ロトランドの賞金については、公式サイトに以下のような規定があります。

”お客様はロトランドにて賞金を獲得した時に税金を支払う必要がない事をお知らせ致します。しかし、お客様には、自身の銀行口座に当選金を払い出す際に、お住まいの国に当選金にかかる税金を支払う義務があります。

引用:ロトランド「よくある質問」

公式サイトの文言を読むと、「ほらやっぱり!ロトランドは税金がかからないじゃないか!と思う方もいるかもしれませんが、あくまでもロトランドがプレイヤーに払い戻す際、つまりプレイヤーが出金する際に税金が発生しないというだけです。

つまり100万円を的中させた場合には、余計な税金が差し引かれることなく、ウォレットに100万円が振り込まれるということを意味しているに過ぎません。

実際に税金を払う主体はロトランドの運営側ではなく、プレイヤー自身です。しかしロトランドで賞金を当てた全プレイヤーに納税義務があるというわけでもありません。

ロトランドの賞金は他のオンラインカジノの賞金と合算して利益が年額50万円以上なら課税

ロトランドで賞金を獲得したプレイヤーのうち、課税対象となるのはロトランドも含めてオンラインギャンブルサイト(オンラインカジノ及びブックメーカー)の利益が50万円以上になる場合のみです。

オンラインギャンブルサイトからの利益は「一時所得」に分類されるため、年額50万円以下の利益の場合は申告が不要となります。

オンラインギャンブルサイトからの利益は「一時所得」に分類

>国税庁 | 一時所得

ちなみに利益額は以下の計算式により算出することができます。

年間利益額=銀行口座への総出金額ーオンラインギャンブルサイトへの入金額

オンラインギャンブルの課税については「勝利する度に課税される」など様々な説がありますが、税務署がきちんと捕捉できるのはあくまでも銀行口座への出金実績のみなので、上記の式で計算すればOKです。

ロトランドやエコペイズにある資金は銀行口座に出金するまでは課税されない

オンラインギャンブルの利益計算については、以下の事項も頭に入れておきましょう。

  • ロトランドの口座にある資金は利益額に計上しない
  • エコペイズやマッチベターなど電子決済ウォレットの資金は利益額に計上しない

あくまでも銀行口座に出金して着金した金額で利益額を計算するものであるということです。

仮にロトランドの資金やエコペイズの資金も利益計上するとなると、何重にも渡って利益を計上することになり、大して稼げていないにも関わらず高額の所得税を収めなければならなくなってしまいます。

なお、ロトランドは税金の申告に必要な支払い調書を発行してくれません。

基本的には何の書類を添付せずに申告することも可能ですが、不安な方はエクセルやスプレッドシートなどにより作成した収支表などを添付して申告するようにしましょう。

ロトランドの当選した賞金の最終的な税額決定方法

仮にロトランドで当選してその賞金で100万円の利益を出した場合、実際にどれだけの金額が課税されるかは、プレイヤーにより大きく異なります。

例えばベラジョンカジノでさらに100万円の利益を出しているという場合には、一時所得金額がさらに大きくなるため、より高額の課税がなされるでしょう。

ロトランドの利益に一時所得としてプラスされるベラジョンカジノの利益

>【公式】ベラジョンカジノ

また一時所得は、他の所得と合算して課税される「総合課税」です。そのため給与所得や事業所得、雑所得など他の所得の金額によっても税額は変動します。

家族構成や医療費の支払い金額、さらに障害者手帳の有無などによっても所得控除や税額控除があるため、やはり全額は変動するでしょう。

税金の話はかなり専門的で難しい部分もあるので、不安がある方は一度税理士の先生に頼ってみるのもおすすめです。

ロトランドは違法なの!?日本人プレイヤーが当たれば税金はどうなの:まとめ

ロトランドの口コミを調べてみると「ロトランドは違法だ」といったような内容を見かけます。しかしロトランドは海外の企業が運営し、サーバー拠点も海外、なおかつジブラルタルのライセンスを取得しているため、違法性はありません。

日本人でも逮捕される心配なく、ロトランドでのベッティングを楽しむことができます。

ただし、税金に関しては注意を払ってください。仮に申告納税義務があるにも関わらず怠った場合には、所得隠しや脱税により罰せられてしまう可能性もあります。

ロトランド、そして他のオンラインカジノ、ブックメーカーで1年間に50万円以上の利益が出ている場合には、忘れずに申告をするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です